先輩社員紹介

true

営業企画・マーケティング推進部

原 礼子

出身:農学系 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    マイナスからプラスを生み出す。地域課題を解決する商品づくり。

    鳥取県は、全国が抱える地域課題の集積地と言われています。つまり、鳥取県の課題を解決すると日本の課題が解決される、そんな地域です。
    私の仕事は、地域が抱える課題や悩みを解決する商品をつくる仕事です。「つくる」と一言で言っても、ニーズ調査やヒアリング、ターゲティング、価格設定、製品仕様…など、たくさんの工程を踏んでやっと企画ができあがり、そこから研究や開発が始まります。地域課題という「マイナス」から価値ある商品の提供という「プラス」を生み出す、これが私の仕事です。
    もちろん、産みの苦しみという言葉があるように、新しい商品をつくり出すことは容易なことではありませんし、一筋縄ではいきません。しかし、これを乗り越えた先にあるものは何か?それを考えたときに、私はこの仕事に面白さとやりがいを感じます。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    求められる「結果」の見せ方

    入社して3年目の年に、とあるシステムの実証実験を行いました。0から作り出した商品が期待している効果を生み出せるか?また、使い勝手はどうか?等多角的な視点で最終確認します。結果的には、お客様の業務内容が大きく改善され、お客様からの評価も得られました。これはもちろん嬉しいことですが、次はこの結果を、購入意思決定者が購入意思を持ってくださるよう示さなければなりません。結果の数字やご意見を最大限に活かし、かつシステムを有効に感じてくださるように報告資料を作成するためのマニュアルは存在しないので、思考を凝らし、議論を重ね、自分たちにとっても、お客様にとっても満足のいくご提案ができました。お客様からも、社内の先輩方からも絶賛して頂ける結果報告となり、これは私の自信にも繋がったプロジェクトとなりました。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    魅力的な「人」

    就職活動をする上で、それぞれ、自分にとって譲れないポイントがあると思います。私の場合は「この会社の人と働きたいと思うか?」でした。もちろん、福利厚生や待遇、事業内容なども重要なポイントではありますが、それは全て紙面に書いてあることで、自分の目で見て感じ取れる唯一のことは「人」ではないでしょうか。
    就活生は、企業のことを知ろう、もっと自分を見てもらおう、と必死になっています。それに対してどれだけ応えているか、就活生以上に向き合っているか、それがケイズにはありました。私は農学部から情報通信産業という畑違いの職に就いています。その中で、何も分からない私に真摯に向き合ってくださり、「あなたと働きたい」とはっきり伝えてくださいました。私は、一緒に長く働いていく「人」を見てケイズに決めました。

これまでのキャリア営業・商品企画(現職・今年で3年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

これは社会人になってからわかったことですが、長年就活生を見てきた人事の方々は、恐ろしいほどに人を見る目が養われています。嘘やごまかし、偽りの自分は見抜かれてしまいます。ですので、普段から、自分だったらどうするか、を意識して生活したらいいのかな、と思っています。そうすると、いざというときに本当の自分を自然な形で見せることができるのではないでしょうか。
月並なことしか言えませんが、皆さんの将来に花開きますよう応援しています!

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

他の先輩社員を見る

連絡先:
〒683-0853
鳥取県米子市両三柳2864-16
電話:0859-32-1761
担当:総務部/矢倉・米田
E-mail:ks-rec@kscom.co.jp